BLOG

向こう側の
WEBLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. オンラインコミュニティ
  4. ボードが調子いいのか、自分のフィーリングが調子がいいのか

ボードが調子いいのか、自分のフィーリングが調子がいいのか

「向こう側思考」の意味はとてもとても奥が深くておもしろいので、何度でも何度でも説明させてください!

真のアーティストのサーフボードは、私達を向こう側に連れて行ってくれますので、向こう側思考を持ってサーフボードと接することはサーフィンの奥深さを知るためにとても重要だと考えます。

サーフィンって素晴らしい、サーフボードって素晴らしいという思考が深くなればなるほど楽しいです。

さて、目の前にあるこのサーフボードは調子がいいというのはどこからくるのでしょうか?

サーフボードそのモノが調子いいという意味ですか?それとも自分の脳で考えた意見ですか?

サーフボードそれ自体が調子いいという考え方は、目の前のこのボードが調子いいのです。

ボードに乗ることなくして調子いいと思うことはできないので、調子がいいのはこのサーフボードそのもののはずです。

反対に、自分の脳で考えた意見という場合は、自分がフィーリングとして脳でこのボード調子いいな〜と考えることです。

そのボードは他の人が乗ったら調子悪いかもしれません。

そのモノが調子良いのではなく、自分の意見としてこれは調子がいいということです。

最初は調子悪かったけど、だんだん良くなってきて最後は絶好調になったということもあります。

この場合サーフボードは変わっていませんのでサーフボード自体の話ではないですよね。

フィーリングで調子がいいとなっている証拠になるでしょうか。

もう一度聞きます。どちらでしょうか?

調子いいというのは、サーフボードですか?自分の脳ですか?

サーフボードが調子いいって、サーフボード次第なの?自分次第なの?

向こう側思考の場合は、

続きは会員様用オンラインコミュニティにてどうぞ。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事